『トロン・レガシー』ラストのような妄想が実現すれば・・ 感想/レビュー ジョセフ・コシンスキー監督作品

  • 2020年8月12日
  • 2021年3月2日
  • SF
SF

「トップ・ガン マーヴェリック」のジョセフ・コシンスキー監督作品「トロン:レガシー」を紹介します。

美しい映像と父と子の物語に感動した映画です。

ラストでは、普段自分の持っている妄想を叶えてくれました。

 

⇒ アマゾンプライムビデオで「トロン:レガシー」を観る♬

※2020年8月時点の情報です。最新の配信状況は、公式サイトにてご確認ください。

トロン・レガシー 予告編

https://youtu.be/L7zF41o1pBI

トロン・レガシー あらすじ

デジタル業界のカリスマ、ケヴィン・フリンが失踪してから20年が経った。息子のサムは、ある日消息不明の父から謎のメッセージを受け取る。調査に向かったサムは、父が創造したコンピューターの世界に入り込んでしまう・・

トロン・レガシー 見どころ・感想・レビュー

トロン: レガシー』(原題: Tron: Legacy)は、2010年のアメリカのSF映画です。1982年に公開された映画『トロン』の続編にあたります。

 

「トロンレガシー」では、前作「トロン」での出来事がベースになっています。

ですので、前作を見ていないと面白くないかもしれません。

 

「トロン:レガシー」の公開当時、劇場の大きなスクリーンで観ましたが、美しい映像と父と息子の愛情を描いたストーリーに感動して、じっくりと映画の余韻に浸ることが出来ました。

SFアクション、という紹介もありますが、ヒューマンドラマの要素も多いです。

CG技術によって、ジェフ・ブリッジスが80年代の若い姿で登場したのにはビックリでした!

ダフト・パンクの音楽も印象的!

この映画でダフト・パンクの存在を知りました。

 

そしてラストでは、実際にあんな形で本当の彼女が出来ると良いよな・・と感じさせてくれ、嬉しい大満足の終わり方でした。

映画で満足しないで、現実でも夢を叶えたいですね・・

 

可愛いクオラ役で登場したオリヴィア・ワイルドは、2019年の映画「ブックマート/卒業前夜のパーティーデビュー」で監督デビューしたりと、多才ぶりを発揮しています。

トロン・レガシー ネット動画配信サービス

 

⇒ アマゾンプライムビデオで「トロン:レガシー」を観る♬

※2020年8月時点の情報です。最新の配信状況は、公式サイトにてご確認ください。

トロン・レガシー キャスト・スタッフ

キャスト

(サム・フリン)ギャレット・ヘドランド
(ケヴィン・フリン)ジェフ・ブリッジス
(クオラ)オリヴィア・ワイルド
(キャスター)マイケル・シーン
(ジェム)ボー・ガレット
(アラン・ブラッドリー)ブルース・ボックスライトナー
(ジャーヴィス)ジェームズ・フレイン
ヤヤ・ダコスタ
セリンダ・スワ
エリザベス・マシス

スタッフ

監督ジョセフ・コシンスキー
音楽ダフト・パンク
脚本エドワード・キッツィス、アダム・ホロウィッツ
製作ショーン・ベイリー、ジェフリー・シルヴァー、スティーヴン・リズバーガー

 

⇒ アマゾンプライムビデオで「トロン:レガシー」を観る♬

※2020年8月時点の情報です。最新の配信状況は、公式サイトにてご確認ください。