『バットマン・ビギンズ』不条理を見つめる主人公に共感 クリストファー・ノーラン監督作

「テネット」「インターステラー」のクリストファー・ノーラン監督の『バットマンビギンズ』を紹介します。

 

⇒ U-NEXTで『バットマンビギンズ』(見放題)を観る♬

⇒ AmazonPrimeVideoで『バットマンビギンズ』(見放題)を観る♬

2020年9月時点の情報です。最新の配信状況は公式サイトにてご確認下さい。

『バットマン・ビギンズ』予告編

引用元アメコミ大全集

『バットマン・ビギンズ』あらすじ

大都会ゴッサム・シティは腐敗の温床となっていた。大富豪のブルース・ウエインは、幼い頃、両親を殺される辛い体験をしていた。自身の正義感が、悪の前では無力だと悟った彼は、真実を探求する旅に出る。ヒマラヤの奥地で過酷な修行に打ち込み、バットマンになる決意をする。

『バットマン・ビギンズ』見どころ・感想レビュー

あ『バットマン ビギンズ』(原題:Batman Begins)は、DCコミックスの出版するアメリカン・コミック『バットマン』を原作とした、2005年のアメリカ・イギリス合作の映画です。

バットマンの誕生の出来事を描いていていて、第78回アカデミー賞では、撮影賞にノミネートされています。

 

監督は「テネット」「インセプション」「インターステラー」のクリストファー・ノーラン

主演は「プレステージ」「フォードvsフェラーリ」のクリスチャン・ベール

その他、影の同盟のラーズ・アル・グール役で渡辺謙が出演しています。

 

この映画で印象的だったのは、主人公のブルース・ウェインが、この世の不条理を見つめ、真実を追求する姿勢。

徹底的に自分を落とし込んで、答えを探求する姿勢には、とても共感できました。

 

ヒーロー物にありがちな派手な映像にあまりこだわらず、バットマン誕生の人間ドラマに比重を置いたストーリーが、飽きさせないものを感じました。

 

ただ、不条理を見つめる内容なので、ストーリーは暗め。

また、結構ブルース・ウェインって、何かピンチに陥ると、ちゃっかり執事のアルフレッドに助けてもらっています。

その辺が、お金持ちだからこそ出来た探求、というようにも写りました。

 

『バットマン・ライジング』では、それも出来なくなり、ウェインは本当に落とされてしまいます。

本当に落ちるだけ落ちたら、後は上がるしかないですね・・・

『バットマン・ビギンズ』ネット動画配信サービス

 

⇒ U-NEXTで『バットマンビギンズ』(見放題)を観る♬

⇒ AmazonPrimeVideoで『バットマンビギンズ』(見放題)を観る♬

2020年9月時点の情報です。最新の配信状況は公式サイトにてご確認下さい。

『バットマン・ビギンズ』キャスト・スタッフ

キャスト

クリスチャン・ベール

マイケル・ケイン

リーアム・ニーソン

ケイティ・ホームズ

ゲイリー・オールドマン

キリアン・マーフィー

トム・ウィルキンソン

ルトガー・ハウアー

渡辺謙

モーガン・フリーマン

スタッフ

監督 クリストファー・ノーラン

脚本 クリストファー・ノーラン、デヴィッド・S・ゴイヤー

原作 ボブ・ケイン、ビル・フィンガー

製作 ラリー・J・フランコ、チャールズ・ローヴェン、エマ・トーマス

製作総指揮 ベンジャミン・メルニカー、マイケル・ウスラン

音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード、ハンス・ジマー

撮影 ウォーリー・フィスター

編集 リー・スミス

⇒ U-NEXTで『バットマンビギンズ』(見放題)を観る♬

⇒ AmazonPrimeVideoで『バットマンビギンズ』(見放題)を観る♬

2020年9月時点の情報です。最新の配信状況は公式サイトにてご確認下さい。